~その昔,ヤビーたちの飼育記録だったブログ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日から実家へ帰省します。
今年の我が家での最後の晩餐は,すきやきでした。

P1050055.jpg

そして,今年最後の晩餐に花を添えてくれる酒器として,「内村慎太郎 粉引盃・山瀬井戸盃」を使いました。


P1040450.jpg

P1040468.jpg

今年1年が平穏無事に過ごせたことに感謝をしながら,たいへんおいしくいただきました。
このブログをご覧のみなさんに,素晴らしい1年が訪れることを祈念いたします。
どうぞ,よいお年を。


スポンサーサイト

【2014/12/30 23:08】 | 酒器・酒・器
トラックバック(0) |

今日も一杯やりました。
肴は,鳥刺し・手羽焼・ナマコ酢などなど。
酒盃は,「内村慎太郎 粉引盃」と,ブログ初登場となる「黒田岳 鬼萩ぐい呑」です。

P1040669.jpg


この鬼萩ぐい呑は,色彩の変化に富んだ景色が美しいです。
ぐいっと歪められた造形にも,心惹かれます。

P1040545.jpg

P1040546.jpg

P1040548.jpg

今日もおいしくいただきました。
ごちそうさまでした。


【2014/12/28 20:10】 | 酒器・酒・器
トラックバック(0) |

祝日前ということで,一杯いただきました。

お酒は,いつもの「「大七 純米生酛」熱燗。
お供の酒器として,今回は,「三代 徳田八十吉 ぐい呑」を使いました。
口縁からだんだんと濃くなっていく紫のグラデーションが美しいです。

P1040538.jpg

P1040541.jpg


肴は,鳥刺し,サーモンの刺身,豚しゃぶなどなど…。

P1040602.jpg

たいへんおいしくいただきました。


【2014/12/22 22:46】 | 酒器・酒・器
トラックバック(0) |

金曜日・土曜日と,ちょっと一杯やりました。

お酒は,いつもの,「大七 純米生酛」の熱燗です。

P1040455.jpg

同じ写真の使いまわしで申し訳ないです。
この「大七」ですが,日経新聞「何でもランキング」において,「お燗にすると美味しい日本酒」の第一位に選ばれています。


さてさて,酒器です。
金曜日に使用したのは,「内村慎太郎 井戸盃」です。
博多大丸で,内村さんの陶展にお邪魔させていただいた際に購入したものです。
以前に紹介した井戸・山瀬井戸より,ひとまわり程大きいサイズです。

P1040524.jpg

P1040526.jpg

P1040527.jpg

端正な形と,つやのある琵琶色が美しい井戸です。
梅花皮もたいへん見事です。


続いて,土曜日に使用したのが,「三輪和彦 白夢盃」です。
こちらは,ネットオークションで落札しました。

P1040532.jpg

P1040533.jpg

P1040535.jpg

P1040537.jpg

大胆に窪ませた中央部分が,休雪白と相まって,独特の景色を醸し出しています。
手にしたときの感触と,口に当てたときの感触がとても柔らかな酒盃です。

両日とも,おいしくいただきました。


【2014/12/21 12:43】 | 酒器・酒・器
トラックバック(0) |

金曜日ということで,一杯やりました。

お酒は,お気に入りの「大七 純米生酛」の熱燗です。

P1040455.jpg


本日の酒器は,「内村慎太郎 井戸盃」を2種。

一つ目は,「井戸盃」。
赤みの強い色合いと,ざらついた肌が目を引きます。

P1040472.jpg

P1040474.jpg


二つ目は,「山瀬井戸盃」。
こちらは,白手の井戸です。
肌合いはしっとりとしており,落ち着いた雰囲気です。

P1040468.jpg

P1040469.jpg


二つを並べてみました。
どちらも,個性的な魅力を醸し出しています。

P1040480.jpg

P1040481.jpg


肴は,豚足・カニみそ甲羅焼き・サーモンの刺身などでした。
写真を撮り忘れてしまったので,画像はありません…。

今日もおいしくいただきました。




【2014/12/12 22:51】 | 酒器・酒・器
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。