FC2ブログ
~その昔,ヤビーたちの飼育記録だったブログ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日脱皮したDuvelちん。
今日は脱皮殻を半分ほど食べておりました。

Duvelちんを初めて紹介したとき,「思い入れが強いのには訳があり,この子たちの孵化には,ちょっとした苦労があったのです。」と,書いております。
本日から3回にわたり,Duvel誕生秘話を綴ろうと思います。


2005年の11月下旬だったと記憶します。
その当時,わたしは水槽を見るのがとても楽しみでした。
それは,抱卵したザリガニがいたからです。

朝起きてすぐ。
帰ってきてすぐ。
テレビを見ている最中。
寝る直前。
家にいるときは,四六時中水槽を眺めていました。

ある日のこと。
わたしはいつものように,帰宅後すぐに水槽を覗きこみました。

!!!!!!!!!!
そこには,全く予想しない母ザリガニの姿が。

水槽の中で,母ザリガニは仰向けに倒れていました。
全く動く気配はありません。
わたしは水槽のライトを取り外すと,すかさず水槽に手を入れ,母ザリガニを起こしました。
しかし,やはり母ザリガニが動くことはありませんでした。
そう…。
母ザリガニは,既に他界していたのです。

わたしは,呆然と母ザリガニの姿を見つめ続けました。
稚ザリの誕生を楽しみにしていたのに…。
お母さんに甘える稚ザリを楽しみにしていたのに…。
稚ザリが成長して大きくなっていくのを楽しみにしていたのに…。

やるせない気持ちで,胸がいっぱいでした。
そんな中,ふと思いついたことがありました。
「人工孵化できないものか…?」

このままでは,どのみち絶えてしまう命。
失敗しても仕方なし。
自分が母ザリガニになろう。
母ザリガニに代わって,この子たちを育てよう。
母ザリガニへの償いにもなるに違いない。
よし!!
人工孵化にチャレンジだ!!

わたしはそう決意し,人工孵化へのチャレンジを始めたのでした。

明日へ続く。



本日の1枚。
モデルは脱皮前のDuvelちん。

Dubel-A-004.jpg

スポンサーサイト

【2007/01/06 15:28】 | ヤビー ~Duvel~
トラックバック(0) |


K.Norichi
思い入れのある話が3回で完結できますか~?(笑)

執念の子供達なんですね。
名前の秘話も教えて下さいね。

ちなみに僕ちん、
malon2002さんから譲ってもらった個体の子供の名前は、名字のSを使って「不知火」。
Vismanさんの個体(関東の店から通販)の子供は「雲龍」と名付けましたよん。

人工孵化?
ザリ吉
話の続きが楽しみですね
人工孵化ってどうやるんでしょうか?


こてつ
> Kさん
執念の子といいますか,罪滅ぼしの子といいますか…。
まあ,いずれにせよ,とっても思い入れの強い子たちです。

名前の由来は,明後日に記事として書きますね~。
ネタの供給,ありがとうございま~す。

> ザリ吉さん
写真に残しておけばよかったんですが,正直いって,当時そこまでは考えがまわりませんでした。
こんな風に,ネットで紹介するとも思っていませんでしたし…。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。